雑記

【免許証の住所変更】住所変更に要する時間と手続き忘れによる罰金について

結論

変更にかかる時間

 田舎なら10分くらい

 都会なら20分~30分くらい

罰金について

 気付いた時に早く行動すること!!

職員の方から聞かれることもないので、事故や事件を起こした時に判明するものかと思われる

住所変更

住所変更に要する時間ばかり気にして必要書類等を忘れることだけは避けなければなりません。そのため、不安であれば必ず地元の警察署や交番に聞いてください。

必要なもの

一番避けるべきは免許更新に来たのに、必要なものが不足していることです。では、見ていきましょう。

各自治体によって異なることには注意してください。

免許証+住所が分かる物

私が住んでいる山口県では、免許証+住所が分かる物でした。

住民票やら書類を持参する必要があるかと身構えていましたが、どうやらそうではないようです。

私の場合は、マイナンバーカードで済みました。

手続きの最中行ったこと

書類の記入

免許証の住所更新は、住所が分かる物をもとに職員の方が機械で印字してくれました。

それに加えて、どのような目的か聞かなかったので分かりませんでしたが、住所を記入する簡単な書類を渡され、そこに住所を手書きで記入しました。

時間に余裕が無い方は、郵便番号の把握はしておいた方が良いと思いました。引っ越したばかりは住所はよく覚えてるんです。ですが、意外に郵便番号を忘れます。

行ったことはこれだけです

結果、かかった時間

私は仕事の昼休憩の間に行ったので、かなり時間がシビアでした。

が、10分程度で終わりました!!

平日の12時8分に行ったのですが、警察署を出たのが12時18分だったので、丁度10分ですね。

この時の条件
  • 田舎である
  • 自分以外に尋ね人がいない
  • 職員の人の手が空いていた(すぐ対応してくれた)
  • 平日だった(たぶん全国共通)

10分で終わった条件が上記の通りです。条件が良すぎますね(笑)

ですがこれは言い換えれば、これだけ条件が揃っていても、10分はかかったということです。

都会の人はこれに更に2~3倍の時間がかかると見込んでおいた方が良いかと思われます。

ネットでは30分以上はかかるといった記事を見つけて内心焦っていましたが、心配するまでもありませんでした。田舎で助かったと思ってます。

とはいえ、車で警察署を訪れた場合、更新に間に合わなかったら無免許運転で会社に戻ることになるので、そういったリスクはあると考えておいた方が良いです。。

住所変更忘れによる罰金

判明すれば、二万円以下の罰金又は科料に処する。こととなっています

法律に記載されている内容

道路交通法121条9に記されています。

警察庁Webサイト

次の各号にいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する
一~八


第四十五条の二(高齢運転者等標章自動車の停車又は駐車の特例)第四項、第五十一条の二(違法駐車に対する措置)第十項、第五十一条の四(放置違反金)第二項、第六十三条(車両の検査等)第七項、第七十五条(自動車の使用者の義務等)第十一項(第七十五条の二(自動車の使用者の義務等)第三項において準用する場合を含む。)、第七十八条(許可の手続)第四項、第九十四条(免許証の記載事項の変更届出等)第一項、第百三条の二(免許の効力の仮停止)第三項(第百七条の五(自動車等の運転禁止等)第十項において準用する場合を含む。)、第百七条(免許証の返納等)第一項若しくは第三項、第百七条の五(自動車等の運転禁止等)第五項若しくは第七項又は第百七条の十(国外運転免許証の返納等)第一項若しくは第二項の規定に違反した者(第百十七条の五第二号に該当する者を除く。)九の二~十

少し長いですが書いてある通りです。

第九十四条(免許証の記載事項の変更届出等)第一項

は簡単に、

「とりあえず免許証記載事項に変更が生じたら速やかに届け出ること。14日以内に!

ということが記載されています。2週間以内です。

原文を探すことができなかったため、詳しくはご自身で確認してください。すいません。

住所変更の時のこと

なーーーーーーんにも聞かれませんでした。

もちろん、変更忘れは法律違反になるので良くないことですが、たぶんこの罪状が露見するのは、職質や事故を起こした際に免許証の提示を求められた場合でしょう。

引っ越しはほとんどの人が、多くても数年に1度だと思います。住所変更忘れを検挙するのはあまりにも非効率ですし、いちいち確認するのも手間です。

そのため、もし、長期間忘れていたとしても、すぐその場で検挙なんてことは無いと思います。

あくまで、個人的な感想です!!!!!

とにかく、法律違反であることには変わりないので、速やかに変更に行きましょう!

有休を取ってでも行きましょう

基本どの都道府県も平日のみ対応だと思います。そのため、完全週休二日制の会社に勤めている人はなかなか更新に行き辛いことと思います。私も平日休みが無いので、それは感じました。

ですが、考えてみてください。会社と法律どちらが大切ですか?

仮に「忙しいから変更に行けなかった」としましょう。それは言い訳として通用するでしょうか。

相手は法律です。破るわけにはいきません。半休でも十分時間は確保できますから、行ってください。

数千~数万円の罰金を労働換算すると、一日、二日の労働と同じになります。かなり大きい金額です。

どうしてもだめなら、代理人申告などの制度もあるにはあるようなので、調べてみてください。

これに関しては、体験したことが無いうえに、専門家ではないため細かい言及は控えます。

終わりに

とにかく、自治体によって手続きが異なります。その点を十分留意して、私の意見を交えて、変更に行ってください。変更に要する時間などはあくまで目安です。

分からなかったら電話して直接聞くのが最善で最速の解決策なので、それも検討してみてください!

それでは!